REVELS Shimi's Blog

渋谷の美容院REVELS(リベルス)の清水のブログです♪

その他

お店の近くの美術館♪

投稿日:2017年4月17日 更新日:

渋谷の美容院 REVELS Tokyoの清水です♪

REVELSの近くには美術館があります♪

 

目の前にあるBunkamuraのザ・ミュージアム

5分ほど歩いたところにある松濤美術館などの有名な美術館があります

 

美術館の雰囲気は独特で非日常的で、感性が豊かになる特別な空間ですよね♪

日常に戻ってから余韻を楽しめるのも美術館ならではの魅力です♪

 

そんな美術館の情報を少しだけご紹介♪

 

 

Bunkamura ザ・ミュージアム

1950年代からニューヨークで第一線のファッション・カメラマンとして活躍しながら、1980年代に商業写真から退き、世間から姿を消したソール・ライター(1923-2013)。写真界でソール・ライターが再び脚光を浴びるきっかけとなったのが、2006年にドイツのシュタイデル社によって出版された作品集だった。時に、ソール・ライター83歳。この新たな発見は大きなセンセーションを巻き起こし、その後、展覧会開催や出版が相次いだ。2012年にはドキュメンタリー映画「写真家ソール・ライター 急がない人生で見つけた13のこと」(日本公開は2015年)が公開され、その名前と作品はさらに多くの人々の知るところとなる。
本展は、ニューヨークのソール・ライター財団の全面的な協力を得て、同財団所蔵の200点以上の写真作品(モノクロ、カラー)、絵画作品、その他貴重な資料を一堂に集め、天性の色彩感覚によって「カラー写真のパイオニア」と称されたライターの創造の秘密に迫る日本初の回顧展である。

 

 

 


 

松濤美術館

『今様』

―昔と今をつなぐ

2017年4月5日(水)〜5月21日(日)

『今様(いまよう)』とは、「当世風」「現代的スタイル」といった意味で広く使われてきた言葉です。本展ではこの言葉をキーワードに、伝統技法に接点を持つ6名の現代アーティスト(石井亨、木村了子、染谷聡、棚田康司、満田晴穂、山本太郎)を取り上げ、古くからの美術・工芸品から、彼らが何を受け継ぎ自身の表現として変容させているのかを探ります。今回、現代作品約40件に加え、作品との関連性をより理解していただけるよう、イメージの元となった古美術作品約10件も展示し、昔と今をつなぐ作品の共演もお楽しみいただきます。

会期 2017年4月5日(水)〜5月21日(日)
入館料 一般500円(400円)、大学生400円(320円)、
高校生・60歳以上250円(200円)、小中学生100円(80円)
※( )内は団体10名以上及び渋谷区民の入館料
※土・日曜日、祝休日は小中学生無料
※毎週金曜日は渋谷区民無料
※障がい者及び付添の方1名は無料
休館日 4月10日(月)、17日(月)、24日(月)、5月8日(月)、15日(月)

 

 

楽しみです♪

-その他

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

『大英自然史博物館展』を見に上野に行ってきました♪

渋谷の美容院 REVELS Tokyoの清水です♪ 六本木にある国立新美術館に行きたいのですが、あちらは毎週火曜日が休館日ということで、美容師的にはなかなか行くことができないので毎度諦めています ダリ …

B’zのライブ 今年は火曜日が多いという奇跡

清水デス!   B’zのライブジム  2019年   火曜日開催の関東の公演に応募してみました笑     埼玉スーパーアリーナ 幕張メッセか 横浜ア …

ありがとうございます

  渋谷の美容院 REVELS Tokyoの清水です♪   拙者、先日誕生日でした   いつも誰にも気付かれないようにしているのですが やはりKIMIにはバレていました …

2月23日(富士山)

清水デス   2月23日 フジサンの日でしょうか (今、勝手に決めましたが)     実は恵比寿や目黒から、冬場だと富士山がキレイに見えるんですよね   &nb …

堤氏降臨

清水デス!   毎月第2月曜日は超カリスマ美容師の堤先生がサロンワークをしてくださいます   堤先生はたくさんの芸能人を担当しているので、本日も業界人のお客様がたくさんいらっしゃい …

清水です♪


渋谷の美容院
REVELS(リベルス)の清水です♪

REVELS
〒150-0043
東京都渋谷区道玄坂2-23-10
渋谷ランドビル2F
03-6416-1293

REVELSのホームページはこちらです。